スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽曲制作中

スタジオブログの方でスクリプターやら原画家を募集しているのだがありがたい事に数名から応募のメールをいただいた。応募した人には基本返事は必ずするしできれば会って話しを聞くようにしている。

ところが先日アドレスを間違って記載した人がいて結局それ以来連絡がとれない、なんて事があった。ディレクターをやっていた人なので俺よりもゲーム制作に関しては詳しいはずだし会ってお話もしたいのだが、メールフォームからの問い合わせなので相手のアドレスは手入力になるのだ。

それ故に間違いも起こる。コピペしればいいのだが多分手で入力したのだろうな。もったいない話だ。こちらからはこういったブログやtwitterなどでこの事実を知らせるしかない。

まあ、これで相手が気付いて再開出来るか否かも縁だと思っているがな。

さて、新曲(主題歌)の方も徐々に出来上がっている。某国の民族音楽寄りの楽曲になりそうだがその手のソフトシンセもそこそこあるのでやりがいがあって面白い。結構本物っぽく作れるものだ。この制作のために多くの楽曲を聞いた。音大での勉強はこういう時にこそ役に立つ。何というか、分析の仕方とか聞き分け能力とかそんなところだな。前の記事でも書いたが何が起きてこういうサウンドになってるかは曲を分解すればいいのだ。

車の仕組みを知るのに分解するのと同じだ。こういった楽器が鳴っていてこういう和音でとか口で言ってる奴ほど作曲ができないものだ。そういう人は教師の方が向いている。分析はそこそこに曲として形を残さないといけないのだが分析の方が好きな奴も結構多い。それでもいいが職業的には分析が直接仕事になる職種にした方がいい。作曲とは別だな。

さて、そんな感じで分析もそこそこに作ったが今回の楽曲は結局は音階とリズムというのがその形を作ってる、という結論であった。後は民族楽器をうまく配置してあげればいいのだ。

アニメの主題歌などでもケルトのような民族系の曲が一時期流行ったが日本人はそういったエッセンスを取り込むのがうまいと思った。バリバリケルトにするでもなくそれっぽさをうまく出している楽曲が結構多い。こういったのは日本人の特徴でもあり特技でもあるのだろう。

自分の曲もそれっぽいエッセンスを感じさせるように作ったのでなんとか?大丈夫だと思われる。発表は来年になりそうだが仕上げまでもう少し詰めてレコーディングを迎えたい。
スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

これもお勧め

Euphoriaサントラ
euphoriasoundtrack.jpg

楽園の扉アコースティックを含む全18曲
初音ミクが歌うクラシック
miku.jpg

アヴェマリアからアメイジンググレイスまで
今月のお勧めアルバム
関連グッズ
最近の記事
プロフィール

上原一之龍

Author:上原一之龍
作曲家。
Ichinoryu mudsic studio主宰。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトレンド
最新の話題曲
ドラムソフトは80%これ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。