スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武道館を忘れるな

坂本龍一と矢野顕子が離婚したという記事を見たが、私はとっくに離婚していたものと思っていた。この度正式に離婚が成立したのだろう。80年のYMOの武道館ライブで二人の姿を見たがその二年後の82年に結婚していたようだ。私にとって、YMOは音楽の起源のようなものだ。当時のライブは最初から最後まで緊張して見ていたものだった。ともかく、今も含めて人生最大の感動的出来事がYMOのライブである。二番目は90年に鈴鹿で見た最初に走って来たF1マシンだ。今はないがレイトンハウスというチームの車だ。この二つの出来事に言葉も説明もいらない。F1に関してはその気になれば何度も生で見られるからいいのではないかな。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

何事も早く回り込め

ちょっと色々な事で制作がおろそかになってしまったが再び「Zwei Worter」の制作再開。昨日一曲終えて残りはあと二曲だ。最初からこれくらいで終わるだろうと予測していたがまさにその通りになってきた。途中で知り合いからの紹介の仕事を断ってしまったのでそれに関して今でも申し訳なく思っているし、もったいないとも思ってるのだ。もっともっと早く作ればお手伝いできたのに、本当に残念な事をしてしまった。これからはもっと速度を上げるのが自分の課題なのだ。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

眼鏡の奥に眼光を放て

「ジーザス」と言う漫画を借りて読んだがなかなか熱い。
一応、学園物だがあれほど頻繁に日常の中で爆発炎上を伴う事件が起きていたらとても生活できたもんじゃないが漫画にこんな突っ込みを入れるのは究極の野暮だろう。教育問題が大きく取り上げられている昨今だがああいった教師がこれからは必要不可欠だ。教員採用試験には銃の扱いはもちろん、いかにしてテロリストを察知し、かつ生徒を無事に誘導し誰にも見られず的を一網打尽に殲滅する。こういう適正を持った人員を採用し、各県に配置しておけばいいのではないだろうか。ただ、生徒はうかつに教師の背後に回り込まないという事がとても重要であるのは今更言うまでもない事だ。

胃の中を実験室にするな

新しいWin機を入れて二ヶ月経過したがいくつかおかしなとこが見つかった。
ギガスタジオ専用マシンになりつつあるのだがいくつか表示されないパッチがある。例えば、Horn swellなどというパッチは古いWinの方には表示されるが新しい方だとなぜだか表示されず、読み込みもできない。CDからインストしなおしても症状は同じだ。そして、ホルン以外にもどうやらいくつかありそうなのだ。原因はわからないがなかなか完璧な環境にならないまま「Zwei Worter」も残り数曲になりつつある。終わったら箱根の温泉あたりでも行きたい。ちなみに、山奥の温泉は情緒があるが料理に満足した事がほとんどない。バリバリの和食がそれ程好きでもないというのもあるし山奥でまぐろの刺身とかは望んでいない。しかし、高い確率で夕食に登場する。そんな物より土鍋一つできのこ鍋でもしていただいた方が嬉しいのだ。それと、朝食は決まって冷えた焼き魚なのだがあれは決まりでもあるのだろうか・・。と、言ってもいつもスタンダードな部屋とか料金なので他の世界ではもっといい事が起きてるのかもしれない。最悪だったのは硫黄泉の温泉宿で朝食にその温泉で炊いたお粥が出た時だった。匂いと味がぴったり一致した。中学の理科の実験で鉄粉と硫黄を水で混ぜて硫化鉄を作る実験をして化学反応には熱を伴うという事を学んだのだが、思わずその事を思い出して胃の中に鉄分があったら硫化鉄が生成されるのではないかと心配した。今回はそれを教訓に硫黄泉の宿には警戒する事、あるいは海に近い温泉にするのがいいのではないかと思ってる。海側の温泉できのこ鍋が出ない事を祈る。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

ヌーボー以外も試してみろ

boujyore


今年もボジョレーヌーボーの季節になり相変わらず日付が解禁日に変わった瞬間乾杯をする光景などもニュースで見られた。私はちょうど二十歳くらいの頃に定価で買った事があるがそれ以来はほとんど買う事はなく、買っても遅れて販売される船便の方を買っていた。今の時期売ってるのは空輸便なのだがはっきり言って高い。それ相応の味ならまだしも2000円以上出して買う価値は私個人はないと思っているのだ。ボジョレーには九つの村があるのだがこれらの村から作られるワインはガメイ種といって、長期熟成するワインではなく新鮮なうちに飲むのがおいしいとされてるぶどうの品種なのだ。これらの代表みたいなのが地域名そのものの「ボジョレー」というのでさらにそれの新酒を「ボジョレーヌーボー」と言うわけだ。そんなわけでそれぞれの村のワインが存在するのだがこれがなかなかいい。「サンタムール」とか「フルーリー」とか「シルーブル」とか名前もなかなか美しい響きのもある。中には「ムーランナヴァン」というボージョレにしては熟成型のワインもある。九つ全部飲んでみたいとこだがマニアックな銘柄もあるのでその辺ではなかなか手に入らない。ヌーボーの季節だけ一時的に有名になるボジョレーだが、村それぞれのワインも一度試してみたらどうだろうか。色もボージョレならではの美しい色がある。私は「サンタムール」の入ったグラスがテーブルに美しい紫色の光を映し出していた光景を今でもよく覚えている。もちろん、味も素晴らしかった。
そして、ある程度おいしいワインはこうしてラベルを剥がして裏に飲んだ日付を書いておくのだ。サンタムールは87年11月1日と書かれている。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

槍が降っても動じるな

昨日は夕方に激しい雷雨があったのだが雨音が叩き付けるような音でちょっと尋常じゃないので外を見たらなんとひょうが降っていた。パラパラ降るのではなく本当に叩き付けるように降っていたので窓でも割れるんじゃないかとちょっと心配した。だが、防ぎようもないのでそのまま仕事を続行。「Zwei Worter」も残り数曲で佳境に入ってきたのだ。

金属片を探せ

去年の一時期ずいぶんとニュースになって結論を知らないものがあるのだが、ガードレールに付着した謎の金属片。あの事件はその後いったいどうなったのだろうか?車が接触してこすりつけるとああなるって事だったのだろうか?取り上げたなら結論出るまで報じて欲しいのだが今も調査委員会が懸命の調査を続けているのだろうか。ちなみに、まだその金属片を発見した事がないので見つけたら速攻写真に納めて公表したいと思ってるのだ。ああ、外出が楽しみだ。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

打撃を与えて戦闘してみろ

近所の稲毛屋の中に薬局があったのだがそこが閉店して今日から100円ショップ「キャンデュー」がオープンする。薬局も薬を買う事はほとんどなくたまに温泉の素を買う程度だったが100円ショップはそれ以上に使わないかもしれない。請求書とかそれを入れる封筒とかそんなものだろう。これらもすぐになくなる物でもないし。すぐになくなる程請求する物が多ければそれはそれでいいが・・。
そして今日も「Zwei Worter」の戦闘曲を作る。スネアやキックの特殊な打撃音がなかなか有効なのだがこれらはやはりソフトシンセ系が活躍する。ドラム音源などは相当数のネタが入ってるのでその中からどちらかと言うと効果音に近いくらいの加工した音を取り入れるとなかなか効果がある。と、言うかそういう曲にしているのだ。プラグインに詳しい人なら例えばこの音は素の音にあれこれプラグインを差すとこういう音になるとかわかるだろうが私みたいな人間には鍵盤弾いて鳴ったその音がとても大事なのだ。シンセの音は作り込むがそんなわけでこういった音の選択にはイメージの音を作るというよりは探す時間が多いかもしれない。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

濁りで癒せ

wakou

埼玉の和光市にある「極楽湯」に行ってみた。都心ではめずらしい天然温泉で、東京の温泉特有の茶色い湯で多少の匂いもあった。内湯にも天然の湯があり、周辺のタイルが変色していたのでこれは本物だと思った。極楽は店舗によって値段が違うが天然ゆえにやや高めの設定なのだろうか。入浴後はなつかしいコーラのミニサイズの瓶をグイっと飲み干し帰宅したのだった。しかし、男湯にも携帯での撮影禁止とか書いてあるが中には撮影しようとするやつがいるのだろうか。

えぐりこんで抜いてみろ

結局、親しらずがはえてきていたのだが悪い状態ではないので薬を付けて治療は終わったのだった。ただ、まだ少し痛むので今後はちょっと様子を見るのだ。状態が悪いと歯肉を切除したりするらしい。切除でもなんでもいいのだがその後に麻酔が切れて痛くなるのが嫌なのだ。ともかく、今のかすかな痛みをなくす方法であればなんでもしようと思ってる。とりあえず、薬のついた綿を口に含んでる間、しばらく口を開けっ放しだったのであごが疲れた。ちなみに、着ていった上着に歯医者の匂いが思い切りついたので洗濯する事にした。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

成長するまで待て

「Zwei Worter」もぼちぼち後半の制作へ。戦闘シーンが5曲あるのだが一気にこれらを片付けるつもりなのだ。話は変わって、どうも右下の奥歯が先日から痛くてちょっと鏡と自転車用のライトで奥を覗いて見たらいわゆる親しらずのような物体が見え隠れしてる・・ような気がする。9年程前にも同じ状況で抜歯したのだが、抜くのはともかく抜いた後に麻酔が切れて痛くてつらかったのを今でもよく覚えてる。素人なのでよくわからんが、ある程度抜くべき歯が成長しないと抜けないのだろうか。診察してもらうまでわからないが、私の間違いで単に口の中に何かできてしまったとかそんな事で収まればいいのだが・・。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

回り込んで捕獲しろ

以前から「越前クラゲ」の被害は話題になっていたが今年もどうやらその被害が深刻だそうだ。だが例えば、クラゲ除去の為の新型の網を導入するのに数百万かかってしまうらしいのだが、これを国は半額しか補助しないと言う事らしい。水産庁だかなんだか知らんがこういう決断をした連中に限って毎晩酒の肴に刺身とか食ってるに違いないのだ。こういう方々には現状を知ってもらうために一度越前クラゲで埋め尽くされた漁場の中に水中メガネだけ装着して放り込んで網一面に覆われた越前クラゲの実態を見て溺れそうになってクラゲをつかんで「ああ、やはりクラゲは使えない」と、言うのを実感してそのまま海底に沈んで穴子のエサにでもなって欲しい。そして、刺身を食うにはどれ程の過程があるのかを身を持って体験して欲しい。予算を出さないのなら「刺身税」とか導入して漁場の改善に努めればよいのだ。たばこと一緒で吸いたければ税金も払うという事だ。たばこの税金が何に使われてるかは知らんが(しかも吸う場所は減りつつあるし)刺身税なら食うために税が使われてると思えば多少納得もいくだろう。そのうち分業されて「いわし税」とか「かつお税」とか出てくるのもいいだろう。分業しすぎて「かさご税」とか一般家庭にはマニアックな魚の税を導入して不公平な状況を作らない事が重要だ。しかし、そんなきりのないネタより重要な事は越前クラゲを除去する事を考える事なのだ。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

これもお勧め

Euphoriaサントラ
euphoriasoundtrack.jpg

楽園の扉アコースティックを含む全18曲
初音ミクが歌うクラシック
miku.jpg

アヴェマリアからアメイジンググレイスまで
今月のお勧めアルバム
関連グッズ
最近の記事
プロフィール

上原一之龍

Author:上原一之龍
作曲家。
Ichinoryu mudsic studio主宰。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトレンド
最新の話題曲
ドラムソフトは80%これ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。