スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲はもう現れない?

最近では美少女ゲームの制作費が少なくなって来たなんて言われて外注費も安くなってとあるクリエイターに言わせると市場崩壊してるとも言っていた。個人的体感ではうーん、そんなにかな・・・とも思うが傾向としてはこういった声は圧倒的に多い。美少女ゲームに限らないがこの手のコンテンツという事にしておこう。

自分のやっている音楽の分野で言うと楽曲制作費という事になる。これは作曲料だったりボーカルの歌唱料だったりするがここで明らかになっている原因が一つある。

それはタダ同然で受ける輩が出て来てる事だ。仕事を受ける為には手段を選ばないという事か。

俺から言わせると

勝負できる物が値段しかない。

と言う事だ。

これで仕事を得るきっかけを作って次もという事だろう。だけど、それは自分の仕事の事考えてるの?となる。最初は安く受けて段々上げてもらおうという魂胆だろうか?

いやいやそれはないって。

考えればわかるでしょ?そしたら新しい安い人を使うんですよ。なので自分も当時受けた金額で続くんですよ。よっぽどクオリティの高いのを作ってる人ならともかく安売りしてる時点でそういった物を持ち合わせてないだろうし。だから安くしてるのだろうし。仮にそうでなくとも同じ人間を急に高いコストで使う事はないです。

小学校のマラソンで最初はゆっくり走って体力温存して後で抜こう。って奴が後半に抜いたのは見た事ないけどそんなようなものでしょ。自力のある奴は最初からほぼ先頭集団だったし。

ここで発注者を責める事はできないと思っている。飲食店や買い物でも安さで選ぶ事は誰でもあるでしょう。相手の経営の事なんか気にして選ばないでしょ。ヨドバシがアマゾンに対抗して送料無料で翌日12時まで配達してるけど思わず大丈夫なの?と思ってしまいつつアマゾンより条件がよければ買ってしまう。蛍光灯一本でも持ってきましたよ。

そういった選択余地があるなら安い方、条件がいたれりつくせりの方に行くのは当然でしょう。受注者がそれで経営が成り立つのか、そしてそれで何か得られるの?かと言うと甚だ疑問ではあるが。

でも一般のクリエイターが横並びでそんな事やって大丈夫なの?後の事考えてるのか?結局バイトしながらその状態続けるしかないと思うんだけどどうでしょう。いつまでも副業って事になるし。これは個人的見解だけどそれで質とモチベーションをさらに高い所に持っていけるのだろうか?

結局自分の首締めてるのは安受けしてる先の事考えない一部の輩という事だ。武器は安さだけ。女性が簡単に服を脱ぐようなもの。ツールも安価だしそこそこの音楽は誰でも作れるからというのもある。それ故これといった曲もない。友人の作曲家によると神曲なんて出て来ないしそういった時代でもないだろうという事だ。確かにそうかもしれない。

彼は業界の事、ゲーム内容そしてそれに見合った楽曲をいかによく聞かせる為にどうしたらいいかを考えながら主題歌やBGMを今まで作ってきたがどうやら求められるのがそういう事ではないような話もしていた。簡単に言うとまずは制作費重視で(要するに安く)無難に作ってくれればいいと言う事だ。

毎週金曜になると結構なタイトルが発売される。そこに楽曲はほぼほぼ入っている。そしてそれらは今言ったような環境で作られてる事が多い。そして発売から一ヶ月もすれば話題も消える。大量消費の波の中にと言う流れになっていると感じるのは俺だけではないだろう。長く愛される楽曲はもう出て来ないのではないだろうかとも思う。実際、俺の知ってる範囲で実力のある音楽家はもうエロゲ楽曲から距離を置いてるし。

もっと色々書く事はあるのだが要するに負のスパイラル(デフレ)が起きているという事だ。そしてその原因を作ってるのは外ならぬクリエイター自身の行動によるものだな。もっと自分自身と仕事に対してよく考えろと言いたいが・・・・考えてこの状態なんだろう。先の事はどう思ってるか知らんが少なくともゲーム会社や業界の事を思ってるとは思えないんだがなあ・・・。

俺は俺で今与えられた仕事は変わらずしっかりやりつつ最終的には自分達で新しいコンテンツを作るべきだと思ってるのでそんな準備をしているところだ。







作曲 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

電気外祭りに向けて出荷

euphoria

今月28日開催の電気外祭りにClockupさんのブースでeuphoriaのサントラを販売するのだがそのCDの出荷をした。新宿なのでコミケと違って行きやすいだろう。サントラ以外にも他タイトルのタペストリーだったりフィギアだったり原画集もあるのでこのチャンスを見逃す手はない。くろあぷさんはコミケは出ないのでこの新宿のイベントでしかグッズは買えない。イベントならではの社員や制作担当者が直接売り子さんとしているしトークイベントなどもあると思われるので是非行ってみるべし。ユーフォリアのタペストリーなんて俺も欲しい。

http://clockup.net/event/







作曲 ブログランキングへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

楽曲制作中

スタジオブログの方でスクリプターやら原画家を募集しているのだがありがたい事に数名から応募のメールをいただいた。応募した人には基本返事は必ずするしできれば会って話しを聞くようにしている。

ところが先日アドレスを間違って記載した人がいて結局それ以来連絡がとれない、なんて事があった。ディレクターをやっていた人なので俺よりもゲーム制作に関しては詳しいはずだし会ってお話もしたいのだが、メールフォームからの問い合わせなので相手のアドレスは手入力になるのだ。

それ故に間違いも起こる。コピペしればいいのだが多分手で入力したのだろうな。もったいない話だ。こちらからはこういったブログやtwitterなどでこの事実を知らせるしかない。

まあ、これで相手が気付いて再開出来るか否かも縁だと思っているがな。

さて、新曲(主題歌)の方も徐々に出来上がっている。某国の民族音楽寄りの楽曲になりそうだがその手のソフトシンセもそこそこあるのでやりがいがあって面白い。結構本物っぽく作れるものだ。この制作のために多くの楽曲を聞いた。音大での勉強はこういう時にこそ役に立つ。何というか、分析の仕方とか聞き分け能力とかそんなところだな。前の記事でも書いたが何が起きてこういうサウンドになってるかは曲を分解すればいいのだ。

車の仕組みを知るのに分解するのと同じだ。こういった楽器が鳴っていてこういう和音でとか口で言ってる奴ほど作曲ができないものだ。そういう人は教師の方が向いている。分析はそこそこに曲として形を残さないといけないのだが分析の方が好きな奴も結構多い。それでもいいが職業的には分析が直接仕事になる職種にした方がいい。作曲とは別だな。

さて、そんな感じで分析もそこそこに作ったが今回の楽曲は結局は音階とリズムというのがその形を作ってる、という結論であった。後は民族楽器をうまく配置してあげればいいのだ。

アニメの主題歌などでもケルトのような民族系の曲が一時期流行ったが日本人はそういったエッセンスを取り込むのがうまいと思った。バリバリケルトにするでもなくそれっぽさをうまく出している楽曲が結構多い。こういったのは日本人の特徴でもあり特技でもあるのだろう。

自分の曲もそれっぽいエッセンスを感じさせるように作ったのでなんとか?大丈夫だと思われる。発表は来年になりそうだが仕上げまでもう少し詰めてレコーディングを迎えたい。

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

レコーディング終了

先月後半の話だがレコーディングが一件終わった。曲は俺でエンジニアがチームのメンバーのKakudaであった。彼は移動現場に慣れてるのもあってか機材は持ち運びようのキャスター付きのケースも持ってるしスタジオでもさっさと自分の機材のセッティングを済ませていた。

今回は知ってる人は知ってるスタジオノアのセルフレコーディングだ。部屋だけ借りて後は自分達でレコーディングするというスタイル。機材と技術のあるエンジニアはいるがスタジオを持つとなるとさすがに大変だ。

車も事務所もシェアの時代だ、スタジオも365日稼働するわけでもないしレコーディングはこうしたシェアスタイルでも充分だ。

さて、そのレコーディングが終わったと同時に別のクライアントさんから次の主題歌の指示が来た。今回は民族色が少し出るか、いや少しじゃないか・・・。出来上がるまでなんとも言えないがそれっぽくはなりそうだ。

こうういうのは一度分解してなぜそう聞こえるか?を追求するのが大事だ。アニメやゲームなどにある主題歌で民族っぽいのはそのエッセンスを取り入れてるに過ぎない。ラーメンが日本食なのと同じで本来はベースとなる由来があるが日本的に聞きやすくしたのがそれらの主題歌だ。

そんな事をしながらデモを作っているがそろそろ先方さんとの話し合いで方向も見えてきたのでラフではあるが1曲として完結するレベルまではできそうだ。今回もチームのメンバーで作っていきたい。




作曲 ブログランキングへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

これもお勧め

Euphoriaサントラ
euphoriasoundtrack.jpg

楽園の扉アコースティックを含む全18曲
初音ミクが歌うクラシック
miku.jpg

アヴェマリアからアメイジンググレイスまで
今月のお勧めアルバム
関連グッズ
最近の記事
プロフィール

上原一之龍

Author:上原一之龍
作曲家。
Ichinoryu mudsic studio主宰。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトレンド
最新の話題曲
ドラムソフトは80%これ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。