スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の愛と生涯だ

シューマン

以前、会社勤めしてる時は毎日モノレールを使っていた。
毎朝同じ時間に乗るのだがその際毎日ある若い女性と
階段を上りきったとこで必ず会う。
その後立川駅ではすぐ来る電車に乗らないで座るために駅始発の電車に
乗るのだがそこにも現れる。
同じ方向なんだなー・・・程度に思っていたが、ある日彼氏と一緒の日があった。
ああ、彼氏なんだなー・・・と。そういう日が数ヶ月続き、今度は帰りに
吉祥寺駅で彼氏と一緒にいるのを見かけた。ああ、一緒に帰るんだなーと・・。
数ヶ月後のある朝、モノレールに乗る段階で彼氏と一緒であった。
ああ、同棲でもしてるのかなー・・・と。
と言うか彼女の家に泊まったの?それって実家か?・・まあどうでもいい。
数ヶ月後のある日曜日、友達含めた3人と近所を歩いていた。
日曜日の彼氏発見は初である。んー、もう結婚でもして
友達でも呼んでたのかなー・・・・と。
つい最近、彼女がベビーカーに赤ちゃんを乗せて買い物をしてる姿を見た。
あー、子供生まれたんだー・・・と。

私はこの女性の人生でかなり重要な部分をリアルタイムで
見てきたのかもしれない。
お互い仕事を変えた(と思う・・)はずなのに行くとこ行くとこで
この彼女と遭遇する。いくら地元でもちょっと多すぎるのでは・・。
お互いこの地に骨を埋めたらいつか孫まで見る事になるに違いない。

シューマン「女の愛と生涯」では孫は登場しない。
それどころか夫は先に死んでしまう。
二人の出会いこそ知らないし知った事ではないが指輪の歌とか
ゆりかごの歌の部分は少なくとも目撃した事になる。

次は二人目を妊娠した姿でも見るのかもしれない。

(指挟んで血豆ができた・・ぬうっー・・)



テーマ : 映画サントラ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secret

これもお勧め

Euphoriaサントラ
euphoriasoundtrack.jpg

楽園の扉アコースティックを含む全18曲
初音ミクが歌うクラシック
miku.jpg

アヴェマリアからアメイジンググレイスまで
今月のお勧めアルバム
関連グッズ
最近の記事
プロフィール

上原一之龍

Author:上原一之龍
作曲家。
Ichinoryu mudsic studio主宰。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトレンド
最新の話題曲
ドラムソフトは80%これ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。